ハピタス経由で、エクスペディア4.2% じゃらん2% 楽天1% DELL3%などなど、通常ポイントとダブルゲット! ここから登録で30ptプレゼント!

グランドビックマック 味がない! 返金時、名前を聞かれた どうゆうこと?

グランドビックマックを購入しましたが、グランドビックマック未完成の状態でした。 そこで、事情を説明し返金していただきましたが、名前を聞かれ、提出したレシートに書かれ没収されました。


仕事が忙しく夕食を取り損ないお腹がすいたので、夜遅く21時過ぎに、かねてから気になっていたグランドビックマックでも食べようと思いマックによりました。

「いつか食べよう、絶対食べるぞ!、いつか食べたい」と心のなかで毎日思っており、念願のグランドビックマックでした。

スマホのクーポンでナゲットが100円だったので、それと合わせて、満を持して520円のグランドビックマックを注文しました。「とうとう食べられる!

夜も遅くだったので、持ち帰りにしました。


意気揚々と自宅に向かい、自宅についてすぐに袋を開けました。「でかい! さすが!」「ん、でもケースは味気ないな」という印象でした。大きいのですが、ケースは何も印刷していないただの真っ白な箱でした。

さっそく箱を開けます。「おーーー!、ついにきたか」 グランドビックマックを持ち上げ、片手に持ち替え、箱の中に落ちているキャベツを全て頬張りました。

では、「いただきまーす」「ガブッ」「ん? 味が薄い? 美味くない、なんで」「なんでなんでなんで?」


グランドビックマックを観察しました。

一段目のバンズと中間のバンズの間には、肉しか入っていません。しかもタレも何も付いていません。 下の段は? やはり肉にはタレも何も付いていません。しかし肉の下にはキャベツとチーズとサウザンドアイランドドレッシングがほんの少々だけでしたが入っていました。「え、これがグランドビックマック?」

お腹が空いていたので、しかたなくナゲットのバーベキューソースを肉に塗って食べきりました。 「ん~、でもおかしいよね。こんなはずじゃないはず」と思い、ネットでグランドビックマックを検索して写真を見てみると、「やっぱり違う! 違う! 違う!! 違う!!!」


だんだんと怒りがこみ上げてきました。楽しみにしていた気持ちを踏みにじられてしまった。。。 しかし、「夜も遅かったし、マッククルー従業員も疲れていたのか?」「でも全然混んでなかったよね?」


その夜は気持ちを抑えて、明日朝マックに言いに行こうと思いそのまま寝ました。



次の日の朝、出勤前にマックに寄りました。

初めは店長さんを呼んでもらおうと思いましたが、接客のクルーの方がそれなりのチーフクラスに見えたので店長さんを呼んでもらうのはやめました。

「すみません、クレームなんですが」と言って昨日のレシートを出し、理由を説明しました。


店員は、「申し訳ありません、ただいまの時間グランドビックマックはやっておりません、現金での返金でよろしいですか」と。

「え、もしグランドビックマックを作っていたら現物をだされるのか? 」「いま食べられないけど、、」と思いつつ「はい返金でお願いします」と承諾しました。


お金を返してもらったあと、店員は「お名前をうかがってもよろしいでしょうか?」というので、素直に答えてしまいました。すると店員はレシートに名前を書きレシートは没収されました。

「???」と思ったのですが、これから出勤ですし、そのまま会社に向かいました。 後で思い返すと、なぜ名前を聞かれないといけないのか? その名前をどのように使われるのかとても心配です。

「520円はちゃんと返金に使ったんだよ」という証拠に残すのでしょうか? 「この人はクレーマーだから要注意」とレッテルを張られるのでしょうか?



「ちゃんとした美味しいグランドビックマックがたべたいな~」

Googleカレンダー 毎日の予定リストをメールで受け取る方法 手順

Googleカレンダーに登録したその日の予定を、毎日朝まとめてメールで通知してもらう設定です。


毎日の予定リストをメールで受け取る方法

  • 歯車アイコンから「設定」を押して「カレンダー設定」を開く
  • 「カレンダー」タブを開く
  • マイカレンダー」からメールを受け取りたいカレンダーを選択
  • 「カレンダーの詳細画面」が開く
  • 通知を編集」タブを開く
  • 「最新情報の通知方法を選択してください」の「毎日の予定リスト」項目にチェックする
  • 保存」ボタンを押す


現在のタイムゾーンで、毎日 05:00 に予定リストが記載されたメールが届きます。

共有カレンダーの場合は、共有先で各アカウント毎に設定が必要です。 つまり、通知に関しては共有されず、各個人の設定に依存するということです。

WAONポイント、ときめきポイント、ハートポイントの違いと賢い使い方まとめ

イオンカードには、WAONポイントWAON電子マネーときめきポイントがあり、さらに、ダイエー独自のハートポイントがあります。これらのポイントを賢くためたり、換金したり、チャージするためにはどうすればよいかまとめました。

私は、WAONオートチャージしたいためイオンカードセレクトを使っていますが、使いこなすのが難しいです。ということで箇条書きでポイントについてまとめました。

参考:OMCカードご優待デー終了! 新たな5%割引を求め、イオンカード作成 オートチャージ設定



WAON

  • WAON電子マネー使用時に、200円毎に1WAONポイントがたまる
  • WAONポイントは、WAONにチャージしないと使えない
  • 100 WAONポイントからWAONに交換可能
  • WAONポイントの有効期限は、WAONに初めてチャージした月から2年
  • WAON(電子マネー)の有効期限はない
  • PaSoRi(パソリ)でチャージできるが、IEでないと認識しない
  • イオン銀行からWAONオートチャージで、200円で1WAONポイント付与

PaSoRi(パソリ)は、自宅のPCに接続して電子マネー内訳チャージができる機器です。
参考:ソニーが、無料で、Suica、Edy、nanaco、WAONの「電子マネービューワー」を提供!


ときめきポイント

  • イオンクレジットカード利用200円毎で1ポイントたまる
  • 1 ときめきポイントは、1 WAONポイントに等価交換可能 → 更にWAONチャージが必要
  • 1000 ときめきポイント以上で交換可能
  • 誕生月の11日から翌年誕生月の10日までが獲得期間
  • 有効期間は2年
  • ときめきポイント数は、毎月25日頃データが更新される


WAONポイント、ときめきポイント加算日

  • 毎月20日,30日:WAON支払いで5%OFF
  • 毎月10日:WAONポイント5倍 or ときめきポイント5倍
  • 毎月5日,15日,25日:WAONポイント2倍 or ときめきポイント2倍

WAONポイント2倍 or ときめきポイント2倍とは、WAONで支払ったらWAONが2倍になり、イオンカードのクレジット払い時はときめきポイントが2倍になるということです。


ダイエー ハートポイント

  • 200円で1p
  • 1p=1円
  • 1pからレジで支払い時に使用可
  • 見せるだけでたまる
  • レシートでポイント残高確認可能
  • 有効期限:最終購入月の翌月から3ヵ月間
  • ボーナスポイント:前月累計購入金額に応じて、翌月5日まで加算
    • 8万以上 700p
    • 5万~8万 350p
    • 3万~5万 150p
    • 1万~3万 30p

ダイエーのハートポイントは、見せるだけでたまるので、WAONで支払って、ハートポイントカードを見せることで、ダブルでポイントがたまります。



結局、一番得な使い方としては、イオンカードセレクトWAONにオートチャージすることでチャージポイントを稼ぎ、加算日や5%OFF時にWAONで支払い同時にハートポイントカードを見せてハートポイントもダブルで稼ぐ。ということですね。

関連記事 作成ツール shisuh Milliard の内部処理や収益構造について聞いてみました

Milliardshisuhは、関連記事を表示するためのJavaScriptコードを生成してくれます。


shisuhで作成した関連記事は、画像と一緒に表示でき、かなりきれいに仕上がります。ただ、対応しているブログはまだ少ないので今後増えることを願っています。


対応しているサイトタイプ

  • Wordpress
  • Blogger
  • はてなブログ
  • Livedoor
  • FC2



生成されるJavaScriptコードは数行ですが、2つ目の script タグの src 属性にあるリンク先( https://www.shisuh.com/djs/relatedPageFeed/ )を見ることでJavaScriptの内部コードを見ることができます。


関連記事を生成している仕組みについて興味を持ちましたので、Milliard開発担当の方に直接問い合わせてみました。


  • 関連記事表示サービスは無料でしょうか?

無料ですのでご安心頂ければ幸いです。


  • 関連記事の一部に広告が入るのでしょうか?

現時点では広告は入りません。


  • どこで、収益を得ているのですか?

現時点では収益はありません。 将来的に広告を入れ、当社とMilliardを利用するブロガーやアフィリエイターの方と収益を分ける形で動いております。


  • 関連記事はどのような仕組みで取得しているのですか?

弊社が管理するサーバからクローリングを行い、サーバー上で関連付けを行っています。


  • 元はRSSですか? 各ブログのAPIですか?

Bloggerの場合はRSSから取得しております。


  • タグが違っても関連記事としてリスト候補になりますか?

Bloggerの場合にはラベルがより多く一致するもの最新の記事が最も出現しやすい構造になっており、なる場合とならない場合がございます。


  • 本文内容も加味していますか?

今のところは加味しておりません


  • RSSで取得できない古い記事も関連リスト候補になりますか?

Bloggerの場合にはRSSは昔の記事もstart-indexを変えれば取得できますので、出力できる範囲であればリスト候補になります。 ただ、数千記事であれば問題は無いことが確認されています。



収益に関しては、ブロガーと分ける形を取るというというところがいいですね。おそらく関連記事リスト内に広告が入るのでしょう。

関連記事作成に関しては、本文内容は加味してないようですね。タイトルについては聞いていませんが、ラベルと最新記事を元にしているようです。

ラベルについては、過去記事と今の記事で付け方が異なることがあるので、できれば本文の単語分析をしていただけるといいのですが。

ということで、自分でも形態素解析使って作ってみようと思いますが、手軽に実装できるshisuhはかなりありだと思います。