ハピタス経由で、エクスペディア4.2% じゃらん2% 楽天1% DELL3%などなど、通常ポイントとダブルゲット! ここから登録で30ptプレゼント!

「よろしかったでしょうか」じゃないでしょ。「よろしいでしょうか」でしょ。

よろしかったでしょうか?」と聞いて、どう感じますか? 私は、とても違和感を感じ、不愉快になることが多いです。

コンビニ等で、「こちらでよろしかったでしょうか?」と言われた時に、そうじゃないだろと思いながら、相手に対して何も言えなく、不愉快を感じながらも、「まーいいか」と泣き寝入りしてしまいます。



よろしかったでしょうか?」というのは、方言から広まったという説もあるようです。 北海道の方言では、「いかったべかぁ」と言い、「いいべか」とは言わないそうです。


国語的に調べてみると、過去形だとか、現在形だとかではなく、 敬語であり、確認か許可の違いとのことです。

  • 「よろしかったでしょうか?」は確認の敬語
  • 「よろしいでしょうか?」は許可を求める敬語



自分が違和感を感じるのは、許可を求める場面で、確認を求めることになるからです。

コンビニなどで、お菓子を買った場合、「これでよろしかったでしょうか?」と確認されると、なんだか念を押されているようで、あたりまえのことを聞かれている感じを受けます。

大げさにいうと、「えっと、違ったかな?」とさえ思ってしまいます。


逆に、「これでよろしいでしょうか?」と許可を求められた場合は、一段軽くなり、自分の選択に対して半分は受け入れられている感じで、素直に「はいそれでお願いします」と言えます。



若い人たちは、特に違和感を感じないのでしょうか? 違和感を感じるのは、もうおじさんおばさんだけなのでしょうか?

時代によって言葉は変わるものですが、どうもしっくりきません。


今度、ファミレスなどで、注文を確認するときに「よろしかったでしょうか?」と言われたら、 なんで、「よろしいでしょうか?」と言わないんですか?と聞いてみようと思います。

ウェイターの持ち方には、素人用のコツがあります

ウェイターが、片手で、おぼんの上にたくさんの料理をのせて運んできますが、私達も、どうしたら同じように持てるのでしょうか。


プロのウェイターのように安定して持てるようになるには、練習と経験が必要ですが、ちょっとしたコツがわかるだけでも、結構日常では使えるようになります。


  • 手のひら全体を密着させない
  • 指先でもつ
  • 指先を広げる
  • 親指の付け根の膨らんだ所密着させる
  • バランスよくおぼんやお皿に物を乗せる
  • バランスよくおぼんやお皿から物を取る
  • 指先だけにのせるのではなく、にもおぼんやお皿を密着させる


最後の、おぼんやお皿を腕にも乗せるのは、プロのウェイターはしないかもしれません。プロのウェイターが腕を使う場合は、複数のお皿を運ぶときです。

素人は、指先だけでは安定しないので、腕や親指の付け根の膨らんだ所もおぼんを密着させて、ささえる支点を増やしてあげます。

右手ができたら、左手でも挑戦しましょう。基本的には左手で持ちます。
なぜかというと、左手で持って行って、右手でおぼんの上の料理をおろしたり、お皿をテーブルに置くからです。

iPhone6とiPhone6sの違い 簡単に箇条書きでまとめ

iPhone6iPhone6s比較し、何が違うか簡単にまとめてみました。

個人的には、4インチモデルが欲しかったので残念です。 iPhone6cは、今後でるのかな~?


iPhone6とiPhone6sの大きな進化点

  • デバイス: 2倍弱の高速処理(A8 M8 → A9 M9
  • Touch ID:約2倍の読み取り速度
  • メインカメラ:画素数Up(8メガ → 12メガ)
  • 自撮りカメラ:画素数Up(1.2メガ → 5メガ)
  • 動画:4K/30fps追加
  • 通信:高速化(最大2倍高速4G LTE-Advanced搭載、WiFiも最大2倍高速)


iPhone6sのサイズ、重量、色

  • 大きさ:少し大きくなる(138.1mm x 67mm → 138.3mm x 67.1mm
  • 厚さ:少し太る(6.9mm → 7.1mm
  • 重さ:重くなる(129g → 143g
  • 色:ローズゴールド追加


iPhone6sの大きな新機能

  • 3D Touch:Force Touchという圧力感知が可能
  • Live Photos:静止画に前後数秒分の動画と音声が付く
  • Retina Flashスクリーンをフラッシュとして機能させる



タッチIDの読み取り速度が2倍になるのはいいですね。

iPhone6だと、指紋認証が遅く、何度もやり直ししたりして結構イライラしますので、私は、ロック画面解除については指紋認証を切って使っています。


サイズはほぼ同じですが、少し重くなりますね。


Retina Flashは、良い仕様ですね。

スクリーンをフラッシュとして使うということですが、周囲の明るさを感知し、環境光に合わせて白く発光することで実際の色に近い自然な肌色を再現した美しい写真が撮れるとのことです。


Live Photosは、iPhone独自の仕様なので、本体しか見れないのではないでしょうか。

今後PCでもビューワーが出てくるとは思いますが。壁紙に設定することもできるので、そこはいいですね。


WiFiや通信が速くなるのはいいですね。体感でどれくらいなんだろうか?
発売されたら当然比較記事が出そうですね。


私は、iPhone6cがでたら、買え替えの検討をしようと思っています。

ブログが無くても記事を書いてお小遣いゲット! Shinobiライティング

Shinobiライティングは、メールのように、文章を書くだけ収入が得られます。 Webサイトやブログを立ち上げる必要はありません。


  • ブログで広告収入を得たいと思っているけどハードルが高い。
  • 文章は書くだけならいいけれど、Webサイトやブログをわざわざ立ち上げるのは大変。
  • 設定やら、デザインやら、難しいことがたくさんあるし、ネタがそんなに無く長続きしなそう。

というように、躊躇している方や、あきらめている方には朗報です。 実は、自分のブログがなくても、文章を書く練習をしながらお小遣いを稼げる方法もあるんです。


まとめサイトに投稿するなど、他にも方法がいろいろありますが、簡単にできるものを紹介します。それは、Shinobiライティングというものです。

有名な忍者ブログサムライファクトリーが提供元なので、バックボーンも安心です。

決められたテーマに対して、記事を書く仕事です。 初めは、ブログより稼げるのではないでしょうか。

Shinobiライティング