ハピタス経由で、エクスペディア4.2% じゃらん2% 楽天1% DELL3%などなど、通常ポイントとダブルゲット! ここから登録で30ptプレゼント!

OLYMPUS STYLUS SH-1、FUJIFILM FinePix F1000EXR、Panasonic LUMIX TZ60、CASIO EXILIM EX-ZR850 を比較検討

前回の記事で、数あるデジカメから、下記の4メーカー、4機種に絞りこみました。この4機種の仕様を比較して、最高のデジカメを選び、購入するデジカメを決定したいと思います。

 

ここまでの絞込条件

  • ハイズーム
  • 最新機種
  • 動画中静止画可能(動画中に手ブレ補正有り)
  • レリーズタイムラグ少
  • 裏面CMOS
  • 光学ズーム焦点距離450mm以上

 

厳選したデジカメ検討比較機種

Panasonic LUMIX TZ60は、裏面ではなく、高感度MOSセンサー

 

それでは、主な基本仕様について比較してみます。

基本仕様

OLYMPUS STYLUS SH-1

  • 価格: 約3万円
  • イメージャー:1600万画素 1/2.3型
  • 35mm換算望遠焦点距離:600mm
  • 液晶モニター:46万ドット
  • 動画最高フレームレート:60fps
  • 手ブレ:CMOSシフト方式
  • Wi-Fi
  • 質感:金属っぽい

 

CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR850

  • 価格 約3万円
  • イメージャー:1610万画素 1/2.3型
  • 35mm換算望遠焦点距離:450mm
  • 液晶モニター:92万ドット
  • 動画最高フレームレート:30fps
  • 手ブレ:レンズシフト方式
  • Wi-Fi
  • 質感:プラスチックっぽい

 

Panasonic LUMIX TZ60

  • 価格 約3万円
  • イメージャー:1810万画素 1/2.3型
  • 35mm換算望遠焦点距離:720mm
  • 液晶モニター:92万ドット
  • 動画最高フレームレート:60fps
  • 手ブレ:光学式
  • Wi-Fi
  • 質感:プラスチックっぽい

 

FUJIFILM FinePix F1000EXR

  • 価格 約2万円
  • イメージャー:1600万画素 1/2型
  • 35mm換算望遠焦点距離:500mm
  • 液晶モニター:92万ドット
  • 動画最高フレームレート:60fps
  • 手ブレ:CMOSシフト方式
  • Wi-Fi
  • 質感:金属っぽい

 

更に、気になる各社の売りの仕様をまとめてみました。

売りの仕様

OLYMPUS STYLUS SH-1

  • タッチパネル
  • 光学式5軸手ぶれ補正
  • 電子水準器
  • HD画質の超高速ムービー
  • HDハイスピードムービー
  • アートフィルタームービー
  • タイムラプスムービー
  • インターバル撮影
  • フォトストーリー(組写真)
  • マルチアスペクト(16:9, 3:2, 4:3, 1:1)
  • 超望遠600mmで40cmまで近づける「高性能テレマクロ
  • 360°のパノラマ
  • 撮影後トリミング、リサイズ
  • 静止画切り出し、ムービートリミング

 

CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR850

  • AF追従連写
  • 動画中連写可能
  • 5軸手ぶれ補正
  • タイムラプス
  • インターバル撮影
  • HDRアート
  • 全焦点マクロう
  • ワイドショット
  • 360度パノラマ
  • パスト連写
  • 最大1000fpsハイスピードムービー
  • シャッター速度優先
  • 絞り優先

 

Panasonic LUMIX TZ60

  • 電子ビューファインダー(EVF)
  • マニュアルフォーカス
  • GPS
  • GPSログ
  • 構図ガイド
  • 電子水準器
  • 撮影後レタッチ
  • 5軸ハイブリッド手ブレ補正
  • ハイスピード動画
  • 動画カット編集
  • 3D
  • 星空モード(長秒)
  • ローライト撮影
  • 撮影後トリミング、リサイズ
  • 動画中連写可能
  • シャッター速度優先
  • 絞り優先

 

FUJIFILM FinePix F1000EXR

  • 撮像面位相差AF
  • スーパーiフラッシュ
  • フラッシュのありなしで同時に撮影
  • ブラケティング
  • 多重露出撮影
  • 連写重ね撮り
  • 360°のパノラマ
  • 前後撮り連写
  • ハイスピード動画
  • フレーミングガイド
  • 撮影後トリミング、リサイズ
  • シャッター速度優先
  • 絞り優先

 

人それぞれ、欲しい機能があると思いますが、私のこれまでの経験では、料理や花や虫を大きく撮る場合が多く、望遠マクロ機能(テレマクロ)はとても魅力的です。量販店で実際に各社のデジカメで、試してみたのですが、やはりOLYMPUS STYLUS SH-1は、望遠でも近くの被写体にピントが合い、他社は合わなかったので、望遠マクロ(テレマクロ)という機能はすごいと思いました。

その他、EVF、AF追従連写、多重露光、重ね撮り、タイムラプス、インターバル撮影はとても魅力的ですね。

 

さて、総合判定をしたいと思います。質感やデザインの好み、欲しい機能など、総合して比較検討した結果、私が購入するデジカメは、OLYMPUS STYLUS SH-1に決定しました。タイムラプス、インターバル撮影と、なんといってもテレマクロ機能が決めてですね。

OLYMPUS STYLUS SH-1の色は、銀と黒のツートンの3色あります。実際にお店で見た感じですと、白はないなと思いました。家族にも意見を聞いた結果、にすることにしました。

ハイズームで、動画手ブレありで、動画中に静止画撮影可能なコンデジを比較検討

最近、運動会で使ったコンデジは、ズーム時の動画で、手ブレにより画像があまりにもひどく、そろそろ買え変えようと思い、コンパクトデジタルカメラの比較検討をしました。

 

私の求めるスペック

  • 超望遠10倍以上、超解像で20倍以上
  • 静止画、動画ともに手ブレ補正あり
  • 動画中に静止画撮影可能
  • 撮影後のブラックアウトが少ない
  • 最新機種
  • 手頃な大きさ
  • 楽しい機能がある
  • 暗所でもブレない

 

さて、それでは、たくさんあるデジカメの現行機種から絞り込んでいきます。

 

カメラメーカー候補

 

 

ハイズーム

コンパクトで、光学10倍以上のハイズーム機で絞り込み

OLYMPUS

 

CASIO

 

Panasonic

 

Canon

 

Nikon

 

SONY

 

FUJIFILM

 

 

ハイズーム → 最新機種

最新機種を残し、古い機種を落とす

OLYMPUS

 

CASIO

 

Panasonic

 

Canon

 

Nikon

 

SONY

 

FUJIFILM

 

 

ハイズーム → 最新機種 → 動画中静止画可能

動画撮影中に静止画撮影が可能のものを残す

OLYMPUS

 

CASIO

 

Panasonic

 

Nikon

 

FUJIFILM

 

 

ハイズーム → 最新機種 → 動画中静止画可能 → レリーズタイムラグ少

次の撮影をさくさくできるものに絞る

OLYMPUS

 

CASIO

 

Panasonic

 

FUJIFILM

 

 

ハイズーム → 最新機種 → 動画中静止画可能 → レリーズタイムラグ少 → 裏面CMOS

暗いところでも被写体ぶれに強い裏面照射型CMOSセンサーに絞る

OLYMPUS

 

CASIO

 

Panasonic

 

FUJIFILM

 

LUMIX TZ60(2014/2/13)については、「高感度MOSセンサー」という記載のため、よくわからなかったので、パナソニックに問い合わせて聞いてみました。

回答としては、非公開だそうです。ただ、高感度MOSセンサーということで、候補としては残しておきます。

 

 

ハイズーム → 最新機種 → 動画中静止画可能 → レリーズタイムラグ少 → 裏面CMOS → 光学450mm以上

さらにハイズームを希望するため、35mm換算で光学焦点距離450mm以上に絞る

 

 

ここまで絞りこみました。これらの機種は、全て、動画中に手ブレ補正あり、動画音声はステレオ記録です。

レリーズタイムラグは、実際に、家電量販店に行き、実機で確認してきました。アフタービュー有り無しでも確認しました。基本的にアフタービュー有りで、オート系のモードで、次の撮影がすぐできることを期待しました。

カシオプレミアムオートでの撮影は、後処理があるにもかかわらず、アフタービューのモードによっては、すぐに撮影できるようになっていました。

LUMIX TZ55は、内蔵メモリーしか試せなかったので、もしかしたらSDカードに書き出しなら速いかも知れません。
ニコンは特に遅いですね。それと、ニコンの液晶画面の画質もイマイチでした。

ちなみに、Leicaは、PanasonicのOEMなのか、メニュー構成が同じで、レリーズタイムラグもパナソニック同様に遅かったです。

レリーズタイムラグは、撮影後にすぐ撮影できる時間ですが、これが遅いと、サクサク撮れず、シャッターチャンスを逃してしまいます。これは大事ですね。

 

 

フジオリンパスについては、動画中の静止画撮影について問い合わせて、仕様を確認しました。

FUJIFILM FinePix F1000EXR

動画優先設定時:

  • 静止画30枚
  • 動画モードと同じ画像サイズでの撮影
  • フルHD動画時には、静止画もフルHD(1920×1080ピクセル)になる


静止画優先時

  • 静止画16枚
  • 他の静止画撮影モードで設定している画像サイズにて撮影
  • Lサイズ指定の場合に限り、Mサイズに変更となる

 

OLYMPUS STYLUS SH-1

  • 撮影モードを「P」、「iAUTO」か、「フォトインムービー」に設定する
  • 一本の動画撮影中に最大 12 枚まで静止画を記録可能
  • 画質については通常の静止画撮影モードと同じ設定

 

ちなみに、OLYMPUS STYLUS 1は、動画中の静止画撮影はできません。

次回、更に絞りこみ、最高の1機種を決定したいと思います。

自分のことを「うち」と呼ぶのはおかしいと思います

自分自信の呼び方って、どうしていますか?
、さちこ(そのまま名前)など、

私の娘は、学校では、「うち」と言っているようです。
なんか、違和感があるので、
うち」と言わないように言い聞かせているのですが。
学校では、使っているのでしょうね。

 

自分自信の名前を使っている子どもも多いですよね。
家では特に、「さっちゃんはねー」などと使っているんじゃないでしょうか。

私の友達で、かなり大人になるまで、
自分の事を名前で言っていた方がいるのですが、

社会人になって、

  上司  「これで良いと思うが、どうかね?」
  さちこ「さっちゃんも、それで良いと思います」

と、思わず言ってしまったらしいです。
それからしばらく、「さっちゃん」と呼ばれていたようです。

 

さっちゃんはね  さちこってゆーんだ  ほんとはね
だけど  ちっちゃいから じぶんのこと さっちゃんてよぶんだよ
おかしいな  さっちゃん