ハピタス経由で、エクスペディア4.2% じゃらん2% 楽天1% DELL3%などなど、通常ポイントとダブルゲット! ここから登録で30ptプレゼント!

トラックフィード サービス終了じゃなかった!

先日、トラックフィードは、サービス終了のお知らせがありました。

トラックフィードの代わりはないか?
トラックフィード代替サービスは無いかと、
いろいろ調べていたのですが、

なんと、トラックフィードのサービスは継続されるようです。
しかし、運営会社が、株式会社インターナルに変更になったようです。

 

track feed」のようなサービスは、ぜひとも
末永く続けて欲しいですね。

ホームネットワークで削除や移動できないとき、アクセス許可設定をする方法

Windows7では、PCを複数持っている場合、
簡単にネットワーク共有する仕組みがあります。
それが、ホームグループで作るホームネットワークです。

 

しかし、他PCからファイルを移動したり、削除しようとすると、

  「このフォルダへコピーするには管理者のアクセス許可を提供する必要があります

と警告されてしまう場合があります。
再試行しても解決しません。

こんな時は、元のPCで、アクセス権を設定する必要があります。

 

アクセス許可設定をする方法

  (1) 共有しているフォルダ、例えば「マイドキュメント」のフォルダーを右クリック
  (2) 「プロパティ」を開く
  (3) 「セキュリティ」タブ選択
  (4) 「編集」ボタンクリックし、アクセス許可設定のダイアログ表示
  (5) 「グループ名またはユーザー名」の中から、「HomeUsers」を選択
  (6) 「HomeUsersのアクセス許可」で、「フルコントロール」の許可をチェック
  (7) 「OK」ボタンを押す
  (8) 「プロパティ」ダイアログで、「OK」ボタンを押し、閉じる

 

「OK」した時、いくつかのファイルやフォルダーに対してアクセス拒否されますが、
かまわず、「OK」していると終わります。

私の場合、「マイドキュメント」のセキュリティ設定を変更した時、
「マイピクチャ」や「マイビデオ」などで、アクセス拒否されました。
しかし問題ありませんでした。

「マイドキュメント」フォルダの後、「マイピクチャ」や「マイビデオ」
も同じように、セキュリティ設定で、アクセス権を許可できました。

Freemake Video ConverterでDVDをメニュー付きで作成できた

Freemake Video ConverterDVDを作りました。

 

前回、
Freemake Video ConverterBDを作って、
家庭用ブルーレイレコーダの東芝レグザで再生してみましたが、
前回のブログ記事で書いたとおりNGでした。

今回は、DVDを作ってみることにしました。
結果、簡単にモーションメニュー付きのDVDを作ることができました。

 

まず、もう一回だけBD作成を試みます。
もう一度Freemake Video Converterで、
はじめからエンコードし直して試してみました。

初回に作ったものとisoのサイズが少し変わっていたので、
少し希望が持てました。

まず、BD-REに焼こうとしたのですが、何度やってもエラーがでました。
物理的に消去してもNGでした。
そこで、新しいBD-REに焼いて、東芝レグザで試したところ、、、

やはり、同じ箇所で画像が止まってしまいます。

 

BDはあきらめて、今度はDVDを作って見ることにしました。
Freemake Video Converterで、DVDのisoがメニュー付きで
作成できるので、それでISO化しました。

次に、PC付属のpower2goDVD-RWに焼きました。

東芝レグザで再生してみたところ、OKでした。
メニューもモーションメニューになっており、
テキスト表示もされます。

広告も入らないみたいです。

 

ということで、DVD-RWがOKだったので、
メニューの背景を別の画像に置き換えて、
DVD-Rに焼きました。
東芝レグザでも問題なく再生出来ました。

Freemake Video ConverterでうまくBDを作成できなかった

Freemake Video ConverterBDを作って、
家庭用ブルーレイレコーダの東芝レグザで再生してみました。

結果はNG。
うまくつくれません。

 

いろいろ試した結果を列記します。

  ・Freemake Video Converterでは、MKVから直接BDのISOを作成可能
  ・ファイル数に応じて、圧縮率を自動で設定してくれる
  ・mpeg変換時、カスタム設定で、ビットレートを指定しても無視される
  ・mpeg変換時、最大ファイル容量の設定は効く

  ・Freemake Video ConverterのGold Packは、DVDメニューが充実する
  ・Freemake Video ConverterのGold Packは、BDのメニューは拡張性がないようだ
  ・Freemake Video ConverterのGold Packは、寄付つまり有料なので、DLせず
  ・BDのディスクタイトルは変更可能
  ・タイトルメニューはモーションメニューとテキストメニューを選べる
  ・各タイトルのモーションメニューは、画像だけでタイトルの文字なし
  ・各タイトルのテキストメニューは、縦にファイル名が羅列される
  ・メニューの右下にfreemake.comの広告が入る

  ・作成したBDのisoを、PC上で仮想マウントして再生したらOK
  ・作成したBDのisoを、付属のソフトpower2goで、BD-Rに焼けた
  ・power2goで焼いたBD-R東芝レグザで再生したら、ある決まった場所で止まる
  ・作成したBDのisoを、付属のソフトpower2goで、BD-REに焼けた
  ・power2goで焼いたBD-RE東芝レグザで再生したら、同じところで止まる
  ・作成したBDのisoを、CDburnerXPで、BD-REに焼けた
  ・CDburnerXPで焼いたBD-REを東芝レグザで再生したら、同じところで止まる

  ・東芝に問い合わせても、機器は問題無いというだけで拉致があかない
  ・東芝に問い合わせても、推奨のソフトやメディアは教えられないとのこと
  ・市販のBDの映画は、問題なく東芝レグザで再生できた

  ・Freemake Video Converterで他のものでBDのisoを作ったが、
    できたisoが数KB大きくメディア(TDK BD-RE)に焼けなかった

 

BD-Rは、パナソニック製(日本産)
BD-REは、TDK製(日本産)

 

これらのことから、PC上では何ら問題無いのですが、
東芝のレグザでのBDの再生はできませんでした。

BD-RとBD-REで同じ場所でコケるということと
ライティングソフトを替えても同じということから
作成されたISO自体に問題がありそうです。

書き込み速度が問題なのか調べたところ、
最大書き込み速度でも問題無いようです。

ライティングソフトのpower2goは、最大書き込み速度のみですが、
CDburnerXPは、最大書き込み速度以外も選択できます。

ImgBurnを使わないのは、CDburnerXPのほうがわかりやすいし使いやすいからです。
また、ImgBurnで、いわゆる音楽CDを焼く場合は、CUEを作る必要がありますが、
CDburnerXPなら元がMp3でも、放り込めば音楽CDを作ることができます。

 

 

あとは、
もう一度Freemake Video Converterで、はじめからエンコードし直して試すことと
付属のPowerDirectorを使ってBDのisoを作成し、試すことですが、
付属のPowerDirectorでは、細かな設定ができず、
さらに、直接MKVを読めないので、MPEG2に変換してから登録する必要があります。

どんな圧縮率の映像を登録しても、1時間ぶんがだいたい5GBの容量をとるので
たくさんの動画が1枚に入れられません。

ちなみに、Freemake Video Converterで作った場合は、
25GBのBDに8本の映画を入れて再生しても、画質良好でした。
ところどころ途中で止まってしまうので、NGですが。

PowerDirectorでは、25GBのBDに3本しか映画を入れられない設定になってしまいます。
しかも、720*480サイズの場合です。
1440*1080サイズにすると、更に1,2本しか焼けません。
これでは、画質はそこそこで良ければ、DVDに焼いても同じです。

 

やはり、無料のソフトでは限界があるのでしょうか?
まだBDは早すぎるのでしょうか?

フリーのオーサリングソフトで、multiAVCHDというものがありますが、
他にもいくつかソフトが必要なので、かなりハードルが高そうです。

 

ブルーレイは、PCのバックアップに使って、
ディスクに焼くのはDVDにするべきかもしれません。
東芝レグザを他のメーカーに買い換えれば済む話なのかもしれません。