ハピタス経由で、エクスペディア4.2% じゃらん2% 楽天1% DELL3%などなど、通常ポイントとダブルゲット! ここから登録で30ptプレゼント!

RSSリーダー 比較 検討 試用の末、弱点もあるが、Feedlyに決めました

Google Reader が終わってしまうので、
代替のRSSリーダーを色々探していました。

私の選択基準は以下になります。
  ・シンプル
  ・Webタイプ(どのPCでも同期して同じものが見える)
  ・Google Readerに近い
  ・見ると、既読にできる
  ・移行が簡単

 

日本での一番人気は、やはりFeedlyでした。
海外では、FeedlyNewsBlurに二分しているようでした。

私も、最後には、FeedlyNewsBlurのどちらかに絞られました。
最後に勝ったのは、NewsBlurでした。

 

しかし、、、
NewsBlurの無料登録には、待ち行列が。

私が登録した時、
フリーアカウントは、1900人待ちで、有料しか登録できない状態でした。

しばらくしてみてみると、1781人待ち、私の後ろには、750人も待っています。
確かに、だんだんと待ち人は減っているようです。

  There are 1,781 people in front of you (and 750 people behind you),
  all patiently waiting on their free accounts on NewsBlur.

 

待っているのも何なので、
じゃ、Feedlyを使ってみようということで、
使ってみると、デザインも操作性もシンプルで良さそうです。

Feedly、結構使えるじゃない。
みんなが使っているようだし、完全無料だし、
いろいろいじってみると、なかなか良さそうです。
Feedlyに決めました。
ここで、大逆転が起きてしまいました。

表示スタイルをフォルダーごとに記憶できることと、
Recently Readで、直近に見たフィードを確認できるこが、とても良い点です。
悪い点は、インターネットエクスプローラー(IE)に非対応ということです。

 

2日後、私のメールボックスに、
NewsBlurから、あなたの番です。
というメールが届きました。

  Your free account is ready, torotan.
  Thanks again for trying out NewsBlur!
  Your account is ready to go. Just log right in and start reading.

ちょっと遅すぎましたね。

 

RSSリーダーを比較検討するとき、
Googleアラートも移行できるのか? と心配でしたが、
もし移行できなくても、メールに配信することが可能なので
特に気にしなくても良いかなと思いました。

 

 

それでは、順に、調べた結果を記載します。

 

 

feedly

  ・タイル調もある
  ・他の表示形式もある
  ・全文も確認可能
  ・シンプルで良い
  ・各フォルダーごとに表示形式を記憶できる
  ・Todayだと、全文表示、リスト表示などの切り替えボダンがでない
  ・Allや自分のフォルダーの場合は、切り替えボタンが出る
  ・Recently Readは便利、一度既読して消えたけど、もう一度探すときに良い
  ・残念ながら、IEは非対応のようだ
  ・最後のフィードを読んでも、既読にならない時がある

弱点もありますが、さくさくと見れて良いと思います。

左側にフォルダー一覧が表示されますが、
画面を横いっぱいに広げたときだけ常時表示されます。
画面横幅が小さいときは、たたまれ、マウスを左に持って行くと開く仕様のようです。

縦にスクロールして見ていると、
リスト表示やマガジン表示などの切り替えボタンも
スクロールと一緒に上に行ってしまい、見えなくなってしまいます。
ちょっと面倒ですが、切替時は一番上にもどらないとだめです。

日本語タイトルが表示されない場合があります。
Preferences → Header font を
Sans-Serif にすると、日本語タイトルも見れるようになります。

 

 

NewsBlur

  ・全文をRSSリーダ内で読める
  ・全文読み込むかどうかは、フィードやフォルダ毎に記憶できる
  ・無料アカウントは、上限64フィードまで
  ・デモを触れるので感触をつかめる
  ・Googleリーダーと同様、記事をスクロールしていくと既読になる
  ・カラフル

 

 

The Old Reader

  ・シンプル
  ・Googleリーダーに近い
  ・既読・未読の判別がわかりづらい
  ・全文開く時に、手順が多い

 

 

Feedeen

  ・国産ということで使いやすそうだけど、有料になるらしいので NG

 

 

Feedspot

  ・シンプルしすぎる
  ・Googleリーダーに近い
  ・フォルダー作成はD&D
  ・The Old Readerと比較すると、The Old Readerのほうが良い

 

 

Netvibes

  ・いろんな機能がてんこ盛り
  ・ごちゃごちゃしていてわかりにくい

 

 

AOL Reader

  ・Feedlyにそっくり
  ・タグ管理可能

 

 

Digg Reader

  ・ランク付け機能あり
  ・シンプルで、やはりFeedlyに似ている
  ・有料版もあるようで、無料版は機能限定されるかも


Feedlyの欠点を補っており、評判がよければ、
AOL ReaderDigg Reader
Feedlyから乗り換えもありえますね。

FeedlyiPhone版も使ってみましたが、
結構良かったです。

 

ちなみに、Windows Live MailのRSSは他のPCと同期できないのでNG

iPhone AppStore が韓国語に! 日本語に直す方法

突然、iPhoneアップストアの表記が韓国語になってしまいました。
原因は、多分、OSのバージョンアップやアプリのバージョンアップが
何らかの悪さをしたのだと思います。

私の場合は、ハングル文字のようなので、韓国語になってしまったようです。
長押しの電源OFF → 電源ONしても直りませんでした。

 

元の日本語に戻すには、
アップルIDのアカウントを、再登録します。

 

 

iPhone の Apple Store を、日本語に直す方法

(1) 「設定アイコン」をタップ
(2) 設定画面から「iTunes Store/App Store」をタップ
(3) 一番上部の「Apple ID」をタップ
(4) 「Apple IDを表示」をタップ
(5) Apple IDのパスワードを聞かれるので、パスワードを入力して「OK」
(6) 「アカウント」情報が表示されるので「終了」
(7) ホームボタンで、元の画面に戻り、「App Store」を確認

 

上記の方法で元に戻らない場合は、
(4)のところで、一旦「サインアウト」し、
再度「サインイン」してみてください。

もしくは、「設定」→「一般」→「言語環境」で、
言語設定をやり直すと、直る場合もあるようです。

 

iPhoneのApp Storeの言語が、
なんやら記号のようなハングル文字で表示されるとは、
びっくりです。

Google Blogger に、メールで記事を投稿できるが、期日指定はNGだった

Google Bloggerに記事を投稿するときは、
Web上で記入するか、「Windows Live Writer」を使ってアップしています。

Bloggerは、登録されたメールから記事をアップすることもできます。
メールの題名が、ブログのタイトルになり、
メールの本文が、記事になります。

署名など、メールの末尾に何かついてしまう設定になっているときは、
本文の終わりに、「#end」を付けると良いです。

 

画像を添付すると、記事の先頭に画像が挿入されます。

また、メールで投稿した記事が、
すぐ公開するのか、非公開のままにするのかは、
WEB上の設定で可能です。

しかし、できないことがあります。
期日指定です。
つまり、予約投稿ができません。

メールを送信する時間をタスク化で、
スケジューリングして送ることもできそうですが面倒ですね。

 

rubyで、期日指定もできて、タグも指定できる
bologger投稿用のスクリプトを書いたのですが、
そのうち、ソフトウェア関連のブログを立ち上げたら
公開しようと思ってます。

ただ、HTMLを書かないといけないので、
やはり、一番便利なのは、「Windows Live Writer」ですね。