ハピタス経由で、エクスペディア4.2% じゃらん2% 楽天1% DELL3%などなど、通常ポイントとダブルゲット! ここから登録で30ptプレゼント!

iPad miniがもらえる ふるさと納税 いくらまで? クレジット払い? お得なポータルサイトは?

ふるさと納税は、もうしましたか?


ふるさと納税は、実質2000円で数万円分の寄付ができ、お礼を貰えるお得な制度です。 私は去年から寄付していますが、夫婦で共働きの場合、夫、嫁別々にふるさと納税できることを今更ながら知り、今年は去年の倍寄付しました。

ふるさと納税でどれ位寄付できるのかは、各サイトで試算できますので確認してから寄付すると良いですよ。納税額より多く寄付してしまうと持ち出しが発生してしまいますので。

納税額を確認(ふるさとチョイス)



主なふるさと納税のポータルサイト

  • 楽天ふるさと納税
    楽天ポイントも付くので、2000円の元はすぐ取れてしまいます。
    iPad Pro, iPad mini2, iPad mini4などiPadのラインナップも一番多いですね。

  • さとふる
    ランキングが見やすいです。

  • ふるなび
    検索がちょっと不便ですね。

  • ふるなびグルメポイント
    これは品物をもらうのではなく、お店で食事ができるふるさと納税です。

  • ふるさとチョイス
    一番の大手ですね。しかしYahooIDを持っていないとクレジットカード払いができません。


「楽天」や「ふるなび」であれば、ハピタスを利用すれば、更に1%以上得になります。

  1. ハピタスにログイン
  2. 「楽天市場」もしくは「ふるなび」を検索
  3. 「ポイントを貯める」クリック
  4. 商品を購入(楽天なら「ふるさと納税」と検索)



ふるさと納税は、とってもお得な制度ですが、とってもめんどくさいです。 ワンストップ納税制度を使っても、選ぶのも申告するのも時間ががかるし面倒です。 2000円でiPadがもらえたりと、とってもお得なので、年1回ぐらいがんばりますかね。

中学受験「鴎友学園女子中学校オープンキャンパス」に行ってきた印象

鴎友学園女子中学校オープンキャンパス」に子どもと一緒に行ってきました。

私の主観ですが、簡単に印象をまとめます。

  • 世田谷線がとてもかわいいけど、夏は暑そう
  • 最寄り駅周辺は、物静かですが、車道と歩道が近いので、ちょっと車が心配
  • 校門を入った時の印象は、「コンクリ、つめたい、閉塞感
  • 学校の施設は、どちらかというと新しく、エレベーターがある
  • ホールは小さいが2階があり、ミニチュアのようでかわいい、演奏が近くで聞けて良かった
  • 女性の前に一人の人間として、社会人として通用する大人を育てる校風
  • クラブをと呼んでいた
  • 入試は、他の学校は50点満点が多い中、鴎友は社会理科の配点が100点満点
  • 過去問が大事であり、書物の出題が多いため、どう書けばいい点がとれるか研究が必要
  • 説明者の印象は、規律が厳しく、ちょっと冷たい感じ
  • 在校生の様子は、横浜雙葉より、いきいきさは感じないが、大人の印象


全体的な印象としては、きっちりしていて、型枠にハマっている感じ、決められたワクのなかで楽しんでいる様子でした。

中学受験 学校見学のポイント 所要時間、在校生の印象、最寄り駅等 ポイント13個+1

中学を受験するのであれば、学校訪問し、説明会や見学を行います。 ただ、学校見学をすればよいということではなく、ポイントを抑えて見学する必要があります。


特に大事なポイント

  • 所要時間
  • 校門を入った時の印象
  • 在校生の印象
  • 登下校時のスカートの丈やYシャツの乱れ


学校見学時のポイント

  • 所要時間
  • 学校までの道のりの様子
  • 学校最寄り駅周辺の様子
  • 学校周辺の様子

  • 校門を入った時の印象
  • 在校生の印象、様子、対応
  • 説明者の印象、様子、対応
  • 先生方の印象、様子、対応
  • 全体的な印象

  • 学校の施設
  • 学校の理念
  • 学年毎のクラス編成
  • 進学状況



訪問時には、学校名訪問日時を必ずメモし、上記の内容も記載しておきましょう。

上記とあわせて、電車や駅等にいるその学校の制服を来た在校生を見つけ、登下校時のスカートの丈やYシャツの乱れ等もチェックしましょう。


チェックポイントは上記以外にも、入試詳細帰国女子枠など、他にもたくさんあると思います。 しかしながら、直感というものもおろそかにできず、第一印象が、とても大事だと思います。

中学受験 学校見学は、事前に親だけで下見をしておく

中学を受験するのであれば、学校訪問し、説明会や見学を行う必要があります。 ただ、学校見学には順番があるのです。


見学する受験校は、複数見る

候補の学校を複数見学するのはもちろんですが、行きたい学校以外も見学することで、よりはっきりと違いがみえてくる場合があります。


まず親が見学し、その中で良いと思った学校を受験生と見に行く

高校受験の場合は受験生が行きたい学校を決めますが、中学受験の学校選びは親です。 はじめから受験生と一緒に見学に行ってしまうと、親が気にいってなくても子どもが気にいってしまえばその学校が第一志望になってしまう可能性があります。

そのため、まずは、親が複数見学をした後、親が良いと思った学校についてのみ受験生と一緒に見学に行きます。良いと思った学校は1つである必要はありません。逆に複数にすべきです。


同じ学校を何度も見学する

良いと思った学校を絞り込んだら、説明会や文化祭等に、受験生である子どもといっしょに何度も足を運びましょう。毎回行くたびに、感じること、思うことが違ってきます。 何度も見学することで、その学校に行きたいというモチベーションが高まり、学習意欲も高まります。