ハピタス経由で、エクスペディア4.2% じゃらん2% 楽天1% DELL3%などなど、通常ポイントとダブルゲット! ここから登録で30ptプレゼント!

iPhone iCloudeでメモが同期されない、バックアップされない時の対処方法


iCloudeで、iPhoneメモ同期し保存する手順と方法をまとめました。

iCloudeを使って、iPhoneを同期し、バックアップを取ることが可能ですが、 iPhone本体では、バックアップできましたというようなメッセージが出るのに、 PCで、iCloude上のデータを見ると、メモも連絡帳も空っぽということがよくあります。


iTunesを使えばなんてことないのですが、 iCloudeで同期したい場合はちょっとiPhoneの仕組みをわかっていないと上手く同期やバックアップができないのです。

私もはまったうちの1人です。iPhoneをグレードアップするためバックアップを何度行っても、iCloude上で確認すると何も保存されていないのです。



メモが同期されない原因は、2つあります。

  • iCloudeメールを登録していない
  • メモのデフォルトをiCloudeにしていない



メモをiCloudeの保存場所にいれないと、バックアップできているようで、実はできていないのです。 試しに、ブラウザで、iCloudeに接続してメモの中身を見てみてください。

iPhoneを乗り換える場合など、メモをバックアップしたい場合は、メモをiCloudeに同期保存するために、予め設定しておく必要があります。


iPhoneでは、メモ、連絡帳、リマインダー、カレンダーなどは、それぞれ保存する場所が複数あります。 保存する場所を箱と呼ぶと、iPhone本体の箱、iCloudeの箱、gmailの箱など、自分が連携して登録しているものが多いとその分、箱が増えます。

iCloudeで同期したいのであれば、iCloudeの箱に入れなければいけません。


最初にiPhoneを購入してすぐの場合は、iCloudeメール(@icloud.com)を登録していないので、メモに対するiCloudeの箱はないのです。iCloudeメールを登録して初めて、メモに対するiCloudeの箱ができ、iCloudeで同期してバックアップが可能になるのです。

そして、箱を作っただけではダメで、メモを登録するときにiCloudeの箱に入れる必要があります。 デフォルト設定は、iPhoneの箱になっているので、デフォルトをiCloudeの箱に変更するとよいでしょう。



iCloudeメールを作成する方法

  1. 「設定」アイコンをクリック
  2. 「iCloude」をタップ
  3. 「メモ」か「メール」をタップ
  4. 「無料の@icloud.comメールアドレスを作成する。。。」で、「作成」をタップ
  5. メールアドレスを入力して「完了」をタップ


メモのデフォルト設定をiCloudeにする手順

  1. 「設定」アイコンをクリック
  2. 「メモ」をタップ
  3. デフォルトのアカウント」をタップ
  4. iCloude」をタップ


これで、新規にメモを作る場合は、iCloudeのメモに追加されるようになります。 もしすでにiPhoneにメモがある場合、一つ一つiCloudeに移動しなければ、同期されません。


iPhone保存のメモをiCloude保存の箱にコピーする手順

  1. 「メモ」アイコンをクリック
  2. 「アカウント」をタップ
  3. 「iPhone」をタップ → いくつかメモのリストが表示される
  4. メモの1つをタップし内容を表示
  5. 四角から矢印が出ているアイコンをタップ
  6. 「コピー」をタップし、メモをコピーする
  7. 「戻る」をタップ
  8. 「アカウント」をタップ
  9. iCloud」をタップ
  10. 「新規」をタップ
  11. カーソルのところで、長押しし、「ペースト」をタップ
  12. 「完了」もしくは「戻る」をタップし保存する


メモ内容は複数あると思いますので、上記の手順方法を繰り返して全てiCloudeの箱に入れかえます。 もし、iCloudeではなく、Gmailと同期したければ、上記のデフォルトの保存先をGmailにすればよいです。






0 Comments: