ハピタス経由で、エクスペディア4.2% じゃらん2% 楽天1% DELL3%などなど、通常ポイントとダブルゲット! ここから登録で30ptプレゼント!

Windows標準のとても便利なランチャー「クイック起動」の登録方法とエリアの広げ方


良く使うアプリを、タスクバーから、クリック 一発で起動できます。
Windows 7 では、設定が難しいですが、Windows XP やWindows Vista は、簡単に設定することができます。

まず、クイック起動が使えるように設定をします。タスクバーに「クイック起動」を表示する方法は、以下になります。

  1. タスクバーの何もないところで、右クリックし「プロパティ」をクリック
  2. 「タスクバー」の「クイック起動を表示する」にチェックする
  3. 「OK」する

 

次に、クイック起動にアプリケーションを登録します。「クイック起動」にアプリを登録する方法は簡単です。登録したいアプリを、タスクバーの左端にドラックアンドドロップ(D&D)します。
ディスクトップのショートカットでも、スタートメニューからでもD&Dできます。

削除したい場合は、「クイック起動」バーに登録されたアイコンをデスクトップにD&Dします。
デスクトップにショートカットが残るので、必要なければそれをゴミ箱に入れます。

もしくは、「クイック起動」に登録されたアイコンを右クリックして、メニューの削除を選択します。
こちらの方が簡単ですね。

 

クイック起動」にたくさん登録しすぎて、表示エリア小さくなったり、なくなってしまったら、クイック起動エリア広げます

  1. タスクバーの何もないところで、右クリック
  2. 「タスクバーを固定する」をクリックして、チェックを外す
  3. 区切りアイコンが表示される
  4. 区切りアイコンを左右にD&Dしてエリアを広げる
  5. タスクバーの何もないところで、右クリック
  6. 「タスクバーを固定する」をクリックして、チェックする(もとにもどす)

 

ちなみに私は、下記を「クイック起動」に登録しています。

  • エディター
  • メーラー
  • インターネットエクスプローラー(IE)

あまりたくさん登録するとごちゃごちゃになるので、本当によく使うアプリだけを登録すると良いと思います。そのほかは、別のフリーソフトのランチャーを利用すると良いです。
もしくは、「クイック起動」には、フォルダーも登録できるので、よく使うアプリのショートカットをフォルダーにまとめ、そのフォルダーを「クイック起動」に登録しておくといいですね。






0 Comments: