ハピタス経由で、エクスペディア4.2% じゃらん2% 楽天1% DELL3%などなど、通常ポイントとダブルゲット! ここから登録で30ptプレゼント!

ほぼリアルタイムの地震速報 過去の情報も! マグニチュードと震度の違い?


とても見やすく、わかりやすい、即時性のある「地震速報」のページです。

  地震情報 - tenki.jp

 

マグニチュードとは、地震そのもののエネルギーの大きさのことをいいます。
震度とは、各場所でのゆれ方の度合いのことをいいます。

ある地震において、
マグニチュードは、震源地のエネルギーなので、1つしかありませんが、
震度は、その地震の揺れ具合がどれほどなのかを、各地域で計測したものですので、
各地域毎にあります。
当然、震源地が近ければ、震度が大きくなり、遠ければ小さくなります。


マグニチュードの数字が1増えると、エネルギーが約32倍になります。
マグニチュード9の地震は、マグニチュード7の約1000倍のエネルギーを持っていることになります。

ちなみに、阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)は、マグニチュード7.3です。
東北関東大震災(東北地方太平洋沖地震)のマグニチュードは、9.0であり、極めて大きなエネルギーを持っていることになります。


震度は、気象庁が10階級に分けています。

  • 震度0    人は揺れを感じない
  • 震度1   静止している人や、特に注意している人だけに感じられる
  • 震度2   屋内にいる人の多くが揺れを感じ、電灯などがわずかに揺れる
  • 震度3   家が揺れ、棚にある食器類が音を立てる
  • 震度4   家が激しく揺れ、八分目ぐらい入れた水が入れ物からあふれ出る
  • 震度5弱   多くの人が身の危険を感じ、食器類が落ちることもある
  • 震度5強   非常に強い恐怖を感じ、食器類、本などが落ちる壁が割れる
  • 震度6弱   立っていることが困難になる
  • 震度6強   建物の倒壊の恐れがあり、崖崩れ、地割れが起こる
  • 震度7   多くの建物の倒壊し、地割れ、地すべり、山崩れが発生する

最近は、余震が多く続いているので、震度4でも当たり前のように感じますね
また、揺れてないのに、いつも揺れている感じがすることがあります。
これは、地震酔いというそうです。






0 Comments: