ハピタス経由で、エクスペディア4.2% じゃらん2% 楽天1% DELL3%などなど、通常ポイントとダブルゲット! ここから登録で30ptプレゼント!

初めてスマホはTONE 手厚い無料サポートがあるから1人暮らしの親でも安心


TSUTAYAスマホTONEについて箇条書きでまとめました。

不明点や新しい情報サポートに電話して確認したところ、ちょっとした落とし穴もありましたので詳しくご紹介します。

結論的には、親と子で2台持ちにするときにTONEの価値が最大になります。



私の親は、ガラケーもうまく使えず、メールさえも使いこなせていません。 そんな中、TSUTAYAスマホTONEを親に使わせたらどうかなと思ったのです。


新しいガラケーに変えてから、新しいソフトバンクホワイトプランにしたところ、毎月の支払いが4000円を超えることが多くなってしまったのです。

なぜなのか? いろいろ調べてみました。
パケホーダイではないので、1つでも写真画像受信したり、広告メールを受信しただけでもパケット代がかかります。 また、間違ってソフトバンク携帯以外無料通話時間帯以外に使ってしまうと通話料が加算されます。


このまま、パケ代がかかるメールもろくにできず、孫の写真も送れず、ビクビク毎日過ごすよりは、思い切ってSIMフリースマホに変えてしまってはどうかと思いました。

通話メインなので、もちろんNifMo電話 かけ放題 2900円/月、Y!mobile話し放題 3980円/月も検討しています。それでもTONEに魅力を感じたので、TONEについていろいろ調べる事となったのです。

ちなみに、私はIIJmioSIMフリーiPhoneです。通話はほとんどしないので、月1800円ぐらいの出費です。



親にTONEを持たせたい理由

  • ガラケーとスマホTONEの2台持ちのほうが安い
  • SIMフリーなのに、対面サポート電話サポートがある
  • TSUTAYAで対面サポートしてもらえる
  • LINEが使える
  • 簡単画面
  • GPSで居場所を確認できる
  • 歩数心拍数が測れる
  • 緊急メッセージ表示機能がある


なぜ、ガラケーとスマホTONEの2台持ちなのかというと、ソフトバンク所有の親戚と無料で長話をするからです。つまり通話メインなのです。

通信専用だったら、なぜもっと安い月500円ぐらいの楽天モバイルなどにしないのかというと、サポートが薄いからです。 スマホを持つと、必ずわからないことが出てきます。そんな時、電話できがるに聞けたり、TSUTAYAで対面サポートをうけることができるTONEは、かなり心強いのです。

TONEスマホなので、メールができなくてもLINEがあります。 そしたら、孫の写真をバンバン送ることもできるし、やり取りもメールよりスムーズにできそうです。

私が親の居場所を確認できるのも大きいですね。これから認知症になって徘徊してもどこにいるかわかるので安心です。スマホをもって歩かないと意味無いですが。

私の親は、いつも万歩計をつけています。しかしよく落としてしまってなくしたり、電池が切れると私が交換に行くまで使えないのです。なので、歩数計がついているのはありがたいですね。



料金 申し込み

  • 基本料金プラン 月1000円+税 1種類のみ
  • 初期事務手数料費用 3000円
  • 最低利用期間 24ヶ月(違約金9800円)
  • 代理人による申し込みが可能
  • 契約更新月はない
  • 利用料金に応じてTポイントが200円で1ポイント付与


充実した手厚い無料アフターケアサポート

  • アフターサポートは無料
  • TSUTAYA店頭やTONEストアで対面サポート
  • 電話サポート
  • 遠隔画面共有サポート
  • 初心者講習会を週に2回開催


データ通信

  • データ通信速度 500~600kbp
  • 容量無制限パケット使いたい放題
  • 300MB以上/3日で制限がかかる(3日間)
  • 通信は、3G、LTE(対応機種による)
  • テザリング可能(Wi-Fi、Bluetoothの2種類)


通話

  • 電話番号は050で始まるIP電話
  • IP電話番号を選べる(オンラインまたは店頭申込時)
  • TONEモバイルどうし無料
  • 0120などのフリーダイヤルや緊急電話番号(110や119)などへは発信できない
  • 国内の一般加入電話:13円/3分
  • 国内のケータイ・PHS:21円/1分
  • 有料通話先プロバイダー:13円/3分
  • 国際電話:アメリカの場合7.5円/3分(国毎に異なる
  • 留守番電話無料
  • キャッチホン不可
  • SMS 送信文字数に応じて1回あたり3〜30円(受信は無料)


IP電話で無料通話できる相手


IP電話からかけられない主な電話番号

  • 緊急通報(110番/119番)
  • 3桁番号サービス(104/115/117/177等)
  • 0120/0570/0990等で始まる番号への通話


TONEの機能

  • 独自メールアドレス無料発行(xxxx@tone.ne.jp)
  • 利用時間の制限
  • 有料のアプリ購入制限
  • 親や子どもの居場所がわかるGPS機能
  • 遠隔操作
  • 自動設定
  • 歩数測定
  • 心拍数測定
  • ボタン1つで、親向け、子供向け、シニア向け画面設定
  • 緊急メッセージ表示
  • 家族伝言機能
  • 歩きスマホ警告



オプション

  • SMSオプション:100円/月(2016年3月以降)
  • 090音声オプション:953円/月
  • 高速チケットオプション:300円/月
  • フラットパックオプション:500円/月
  • 追加容量購入:1GB/300円
  • TONEファミリーオプション:無料(2台以上契約時

SMSオプションは、2016/3月までなら基本料金に入っているが、それ以降は100円/月。 3月まで契約すれば基本料に含まれずっと無料。(3月の何日までかはわからない)

LINEでは、SMS認証が必要だが、SMSを使わないで電話音声認証が可能なので、必須でSMSはいらない。しかし何かと必要なのであったほうがよい。GmailもSMS認証だが、音声での認証が可能(050のIP電話でも)

フラットパックオプションは、IP電話1260円分と、高速チケットオプション300円分をセットにしたものです。国内ケータイ電話宛て通話60分相当&動画再生約7.5時間相当です。


090音声オプション

  • 通常の携帯電話
  • NMP可能
  • 通話料18円/30秒
  • 留守番電話 350円/月
  • キャッチホン250円/月


TONEファミリーオプション Q&A

Q: 利用時間の制限や子どもの居場所がわかるGPS機能などは、PCiPhoneからも操作可能?
A可能

Q: 居場所が分かる機能などのTONEファミリーオプションは無料?
A2台以上契約時は無料。保護者など管理者がTONE mobile利用者ではない場合は別途月200円かかる

Q: 利用状況を管理しない場合は、TONEファミリーオプション代はかからない?
A: かからない。

Q: 契約は息子で、TONE使用は親で、住んでいるところが違う場合も可能?
A: 可能。


安心オプション

  • 月額500円
  • 全国約47000ヶ所のWi-Fiスポット利用可能
  • 端末の盗難や故障時の見舞金(端末交換等)


安心オプションのWi-Fi

  • TONE mobile Wi-Fi by エコネクト(Wi2BBモバイルポイント
  • Wi2のSSIDは、Wi2Wi2_clubwifi_square
  • Wi2のWi2premiumWi2premium_club使用不可


注意事項

  • IP電話は、0120などのフリーダイヤルや緊急電話番号(110や119)などへは発信できない
  • TONE1台のみの契約の場合、TONEファミリーオプション代が 別途200円/月かかる
  • 最低利用期間 24ヶ月(違約金9800円)
  • SIMカード紛失の場合、3000円再発行手数料がかかる
  • バッテリーの持ちは、通常のスマホと同じで、1日1回充電必要
  • 安心オプションに加入しなくても、セブンイレブンなどの公衆無料無線LANスポット利用可能

110番などは、近くの警察庁につながる緊急通報アプリなどの利用で回避する必要がありますね。



TONEを探す(全機種対応)

スマホを失くしたときにパソコンからすぐにご自分のスマホの現在地を確認できるだけでなく、遠隔であなたのスマホのアラーム音を鳴らすことができます。さらにパソコンからスマホのロックをかけたり、データを削除できるので、万が一の時のセキュリティ対策にもなります。スマホ内のデータはパソコンで保存ができるので、安心です。

→ スマホに通知されない。
→ 管理画面のみでわかる。


ジオフェンス(全機種対応)

学校・塾など、あらかじめ登録した場所にTONEのスマホを持った状態で立ち入ると、保護者に通知が送られます。お子様が確実に目的地にたどり着いたかがより手軽にわかります。

TONEスマホに通知されるが、iPhoneなどには通知されない。
→ 管理画面を見に行けば、iPhoneでもみれる。


ライフログ 活動量/心拍数測定(一部m15のみ対応)

TONEを持って歩くだけで、歩数消費カロリーが記録できる機能。自分の記録だけでなく、離れて暮らすご家族が歩いた記録もチェックすることができます。さらに新機種では、内蔵カメラのフラッシュに指を当てて、心拍数が測れるようになりました。

→ 管理画面で、離れた家族も確認可能



Tカード プラス(TONE×TSUTAYA発行)というTONE専用のクレジットカードがありますが、とくにこれといってメリットはありません。通常メインで使っているリクルートカードなど、高還元クレジットカードで支払ったほうがよいです。

Tカード プラス(TONE×TSUTAYA発行)

  • 初年度無料
  • 年間1回のカード支払いで翌年度も無料(利用がない場合は500円)
  • Tカード利用200円(税抜)につき1ポイント付与
  • クレジットカード利用分200円(税込)につき1ポイント付与



まとめ

TONEですが、2016年3月までに1台契約の場合、税抜き価格で、初期費用3000円、月1200円(ファミリーオプション200円分含む)で、携帯に不慣れな親がLINEをバシバシ使え、位置もわかり、手厚いサポートで自分で解決できるというTONEは、かなりイケてるスマホでした。

親と子で2台持ちで使う場合は、最強スマホになりますね。だって子どもが、塾に着いたときに通知してくれたり、スマホ使用時間やアプリの制限をつけられ、緊急時は待受にメッセージを送信できるんです。2台もちなので、ファミリーオプション代も無料です。


ということで、通話専用プランのガラケーと、スマホTONE2台持ちが濃厚な線ですが、110番に通話可能のY!mobile1台持ちが、次点候補ということですね。

さて、親が2台持ちを許容できるか、スマホ操作に慣れるかなど、課題は山積みですが。






0 Comments: