ハピタス経由で、エクスペディア4.2% じゃらん2% 楽天1% DELL3%などなど、通常ポイントとダブルゲット! ここから登録で30ptプレゼント!

OMCカードご優待デー終了! 新たな5%割引を求め、イオンカード作成 オートチャージ設定


ダイエーが、とうとうイオンになりそうですね。OMCカードご優待デー終了なので、今後もダイエーで5%オフの買物をするため、イオンカード(正確にはイオンカードセレクト)を作りました。更に、イオン銀行の口座を同時に開き、WAONオートチャージチャージポイントを稼ぎ、チャージする手間も無くしました。


私の近くにもダイエーがあるのですが、そのうちイオンに代わるので、WAON付きイオンカードセレクトをつくりました。 もちろん今は、5%オフになるOMCカードを使っています。

イオンカードセレクトをメインカードにはしませんが、ダイエーで5%引きのサービスを受けるには作るしかないのです。

イオンワーナー・マイカルが近くにいる方はさらにいいですね。年会費無料で、映画が500円引きになります。 ただのイオンカードの場合でも300円引きです。


イオンカードセレクト発行手順は、最後に記載しました。まずは、イオンカードセレクトの特徴を箇条書きでまとめたので見てください。

イオンカードのなかでもイオン銀行、WAON一体型イオンカードセレクトオートチャージ可能チャージポイント付きなのでイオンカードセレクトについての情報です。



イオンカードセレクト

  • 入会金無料
  • 年会費無料
  • ディズニーデザインあり(JCB)
  • WAONオートチャージ可能
  • イオン銀行からWAONオートチャージで、200円で1WAON付与
  • 購入日から180日間商品を補償「ショッピングセーフティ保険」(5000円以上)
  • 不正使用されても損害額が補填「クレジットカード盗難保障」
  • 各種公共料金支払い1件につき毎月5WAON付与
  • イオン銀行を給与振込口座にして毎月10WAON付与


イオンカードセレクトの割引

  • ダイエー、MaxValu、ビブレ、イオンなどで毎月20日、30日は「お客さま感謝デー」で、5%OFF
  • スポーツオーソリティなどで、毎月20日、30日は、10%OFF
  • 55歳以上 毎月15日 「G.G感謝デー」で、請求時に5%OFF 更にポイント2倍(カード切り替えが必要)
  • ビッグエコー 30%OFF
  • ニッポンレンタカー 5%OFF


イオンカードセレクトの映画割引

  • 会員と同伴者(1名まで)の映画一般料金を各500円引き
  • 毎月20日・30日は「シネマ感謝デー」で、会員のみ1100円


イオンカードセレクトのお得ポイントデー

  • 毎月10日は「Wポイントデー」で、ときめきポイント2倍
  • イオン、ミニストップなどで、毎月5のつく日「お客さまわくわくデー」で、ときめきポイント2倍
  • イオン、ミニストップなどで、毎月5のつく日「お客さまわくわくデー」で、WAONポイント2倍
  • ときめきポイントTOWN」を経由して買物をするとときめきポイントが2~21倍
  • ときめきポイント有効期限は、最長2年間



年会費無料のゴールドカードがそのうち手に入ります。

イオンカードセレクトをしばらく使っていると、2年くらいで年会費無料イオンゴールドカードにきりかえることができます。ただしたくさんイオンカードセレクトを使った人だけに招待状が届くようです。

イオンゴールドカードは、イオンラウンジ羽田空港のラウンジが使えるんです。このイオンゴールドカードを目指して、イオンカードセレクトをメインカードとして使ってもいいですね。


ちょっと面倒ですが、これからは、ときめきポイントWAONポイントの管理をしないと。。。



イオンカードセレクト発行手順

  1. イオンカードセレクトのサイトへ
  2. 通常デザインかディズニーデザインを選ぶ
  3. Web明細を希望する(毎月10ポイントつくので)
  4. 各種情報記載
  5. WAONのオートチャージ機能(利用する)
  6. お取引明細書(利用しません) → 利用するにする毎月200円とられます
  7. 総合口座当座貸越(利用しません)
  8. ETC専用カード(申し込みません) → 入会金・年会費無料なのでお好みで
  9. イオンiD(申し込みません) → お好みで 入会金・年会費無料 ドコモおサイフケータイが必要です



WAONオートチャージは自動的に設定されます。 初期設定は、3000円を下回ったら3000円がチャージされるようになっています。

しかし、3000円では少ないと思いますので、イオンカードセレクトがきたら、WAONステーションという機械で変更します。


オートチャージ

  • チャージは1000円単位
  • 1回のチャージ限度額は29000円
  • 最大5万円までチャージ可能
  • 一度チャージされた金額は、払い戻し不可
  • 1日1回、1取引1回まで
  • 一部の店舗で、オートチャージを利用できない場合がある
  • 普通預金口座の残高がオートチャージされる金額未満の場合は、オートチャージされない
  • オートチャージ後の残高が5万円を超える場合は5万円までチャージ


単なるイオンカードでもオートチャージできますが、チャージポイントはつかないのでイオンカードセレクトオートチャージのほうがお得です。

しかしイオンカードのほうがよいのはオートチャージはクレジットカードから引き落とされるということです。繰り返しになりますがそれでもチャージポイントは付きませんので、チャージポイントが付くイオンカードセレクト一択ですね。






0 Comments: