ハピタス経由で、エクスペディア4.2% じゃらん2% 楽天1% DELL3%などなど、通常ポイントとダブルゲット! ここから登録で30ptプレゼント!

漢方スタイルカード 高還元率最強カード検証 年会費を払ってもお得なわけ


今まで、楽天カードLIFEカードを使用していましたが、
年会費ポイント還元率を色々計算してみると、
漢方スタイルクラブカードが最も得なことが分かりました。

良い点悪い点をまとめましたが、悪い点を加味して計算しても、
現在存在するカードの中では、年間58万以上使うのであれば
漢方スタイルクラブカード最強カードになります。

 

良い点
  ・1.75%の高還元率
  ・初年度年会費無料
  ・nanacoにチャージポイントが付く(JCBブランドのみ)
  ・ポイント有効期限は、ポイント獲得月から2年間
  ・ポイント交換は、Jデポ可能(実質現金
  ・ANAマイルへの移行手数料無料
  ・年間58万で ポーナスポイント250p=1250円
  ・年間100万で ポーナスポイント500p=2500円
  ・ETCカードは年会費無料
  ・海外、国内旅行など、各種保険サービス付与

悪い点
  ・2000円単位でポイント7%
  ・VISAブランドでは、nanacoにチャージポイントが付かない
  ・Edyチャージポイントはつかない
  ・家族カードの年会費 420円

最近良くなった点
  ・郵送ではなく、Webでポイント交換可能
  ・カードデザイン変更
  ・Visaブランド追加
  ・ANAマイルへの交換必要ポイント引き下げ

 

 

漢方スタイルクラブカードは、初年度は年会費が無料なので
次年度から年会費を払っても、還元率が1%以上になる場合と
1.5%以上になる場合を計算してみました。

計算式
  (年間利用額×1.75%-年会費1575円)/年間利用額 = 1% or 1.5%

 

1%なら
  (0.0175X-1575)/X=0.01
  0.0175X-1575=0.01X
  0.0075X=1575
  X=21万

 

1.5%なら
  (0.0175X-1575)/X=0.015
  0.0175X-1575=0.015X
  0.0025X=1575
  X=63万

 

となり、年間で21万円以上使えば、1%の還元率は補償されます。
1.5%がほしければ、年間63万以上使えばOKです。
ただし、上記には、年間ボーナスが含まれていなので、
さらに良い結果になります。

 

年間ボーナスは、
  ・58万で、 250p=1250円
  ・100万で、500p=2500円

ということで、年間58万円使った場合
つまり、月平均、48400円を使用した場合の還元率は、

(0.0175*58万-1575+1250)/58万 = 0.0169395

となり、ほぼ 1.7%の還元率になります。
しかも、ポイントは、商品券ではなく、実質現金で受け取れます。

 

 

結果、私の場合は、年間60万は使用していますので、
漢方スタイルクラブカードは、最強カードとなりえるのです。

 

 

さらに、最強なのは、nanacoへのチャージポイントが付くという事です。
nanacoは、セブンイレブンや、イトーヨーカドーで使用できるプリペイドカードです。

通常、nanacoで支払うと、1%のポイントが付きます。
nanacoへのチャージを漢方スタイルクラブカードで行えば、

なんと!
1% + 1.75% = 2.75%の高還元率を持つカードになります。

漢方スタイルクラブカードを作るときの注意ですが、
nanacoへのチャージポイントが付くのは、JCBブランドのみです。

 

 

楽天カードについても考えてみます。
楽天の買い物では、楽天カードで支払いますと、
2%の楽天スーパーポイントが付きます。
また、楽天Edyでも同じで2%がつきます。

ただし、1%以上の還元率である漢方スタイルクラブカード(1.75%)で、
楽天決済にあてれば、
1%の楽天スーパーポイント + 1.75%の漢方スタイルクラブカードのポイントが付き、
よりお得になります。

 

楽天カード決済の場合、特典として、
土曜日は3倍のポイントが付くなど有利な点がありますが、
このポイントは、期間限定ポイントであり、
ポイントが使える期間が、1週間ぐらいでとても短いので、うまく活用できません。

さらに、すぐに使えるわけでもなく、
忘れたころに、使用期間があと数日というところで、
メールが届いて、結局買うものがなく、
ポイントを失効してしまうことが多々あります。

 

 

漢方スタイルクラブカードでは、
ETCカードは年会費無料ですので、ETCカードもつくります。
ETCカードの申し込みは、カードが来てから、
Web会員サービス「インターコムクラブ」で申し込みます。

 

 

結論としては、LIFEカードを解約し、
楽天カード漢方スタイルクラブカードの併用といったところでしょうか。
ここでは触れていませんが、ビックカメラSuicaカードは、必須です。

参考:「Suica定期券」と「ビックカメラSuicaカード」の連携による賢い使い方






0 Comments: