ハピタス経由で、エクスペディア4.2% じゃらん2% 楽天1% DELL3%などなど、通常ポイントとダブルゲット! ここから登録で30ptプレゼント!

Googleのデザインとコンテンツに関するガイドライン 今一度確認しよう!


WEB検索の最大手のYahoo! JAPANが、WEB検索の巨人であるGoogleと提携しましたので、今一度、Google検索エンジンガイドラインを確認しました。

一言でいうと、閲覧していただくユーザーのために、サイトに仕上げるということですね。
Googleのウィブマスター ツール ヘルプ 「デザインとコンテンツに関するガイドライン」から抜粋しました。

  • わかりやすい階層にする
  • テキスト リンクを持つサイト構造にする
  • 各ページには、少なくとも 1 つの静的なテキスト リンクからアクセスできるようにする
  • サイトの主要なページへのリンクを記載したサイトマップを用意する
  • サイトマップ内にリンクが非常に多数ある場合は、サイトマップを複数のページに分ける
  • 1 ページのリンクを妥当な数に抑える
  • 情報が豊富で便利なサイトを作成する
  • コンテンツをわかりやすく正確に記述する
  • ユーザーがあなたのサイトを検索するときに入力する可能性の高いキーワードをサイトに含めるようにする
  • 重要な名前、コンテンツ、リンクを表示するときは、画像の代わりにテキストを使用する
  • テキスト コンテンツの代わりに画像を使用する必要がある場合は、ALT 属性を使用して簡単な説明テキストを組み込む
  • <title> タグの要素と alt 属性の説明をわかりやすく正確なものにする
  • 無効なリンクがないかどうか、HTML が正しいかどうかを確認する
  • 動的なページ(URL に「?」が含まれているページなど)を使用する場合、パラメータを短くしたり、パラメータの数を少なくしたりする。
  • Lynx などのテキスト ブラウザを使用して、サイトを確認する
  • 検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する
  • ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認する





0 Comments: