ハピタス経由で、エクスペディア4.2% じゃらん2% 楽天1% DELL3%などなど、通常ポイントとダブルゲット! ここから登録で30ptプレゼント!

メインのクレジットカードは、リクルートカードプラスか? 漢方スタイルクラブカードか?


高還元率クレジットカードを比較しました。 きっかけは、漢方スタイルクラブカードnanacoチャージ還元率の改悪です。

漢方スタイルクラブカードを使い続けるか、リクルートカードプラスに乗り換えるべきか比較検討しました。



リクルートカード

まず、リクルートカードリクルートカードプラスですが、年間27万円ぐらいが分岐点になります。年間27万円以上使うのであれば、年会費を払ってもリクルートカードプラスのほうがお得です。


ETCカードの年会費は無料ですが、新規発行手数料がかかる場合があります。


VISAのリクルートカードは、楽天Edyチャージポイントが1.2%つきますが、 JCBのリクルートカードリクルートカードプラスでは付きません。

nanacoチャージポイントは、どれでも付きます。 じゃらんは2%、ポンパレモール3%のポイントが付きます。 ポイントはポンタと連携できるので、ローソンでも消化可能です。



ポイント付与計算方法比較

漢方スタイルクラブカードのポイントの計算は、2000円単位なので、2000円未満は切り捨てがあり、無駄が生じます。最大、毎月2000*1.75%=35円捨てられています。

リクルートカードリクルートカードプラスは、毎月の利用金額合計の1.2%もしくは2.0%に対して少数点第1位以下を切り捨てた共通ポイントになり、無駄がありません。 リクルートカードプラスの場合には、毎月50円未満は切り捨てされますので、最大、毎月50*2%=1円のみ捨てられている。


また、漢方スタイルクラブカードは、Jデボの現金還元ですが、申し込みが必要です。 リクルートカードリクルートカードプラスは、楽天のようにポイントなので、自動的に何もしなくてもたまり、楽天スーパーポイントのように使いたいときに即使えます。



さらにお得になるモール比較

漢方スタイルクラブカードは、JACCSモールがあります。 Amazonは、+0.5%で、還元率は2.25%になります。

リクルートカードリクルートカードプラスは、ポンパレモールががあり、常に3%以上付きます。つまり、還元率は5%以上になります。

ハピタス経由にすれば、Amazonは、+1%で、還元率は3%になります。 ポンパレモールハピタス経由にすれば、ポンパレモールで3%、ハピタスで1.8%、リクルートカードプラスで2%になり、合算すると、6.8%の還元率です。

ポンパレモールの書店は、5%つくので、更に8.8%の還元率になりますね。



年間の使用金額による比較

漢方スタイルクラブカードは、年会費1575円、リクルートカードプラスは、年会費2000円です。

さらに、漢方スタイルクラブカードは、ボーナスポイントがありますが、リクルートカードプラスは、ボーナスポイントがありません。

これらをふまえ、還元率に基づいて計算すると、 漢方スタイルクラブカードボーナスポイントが発生する58万と100万前後では、漢方スタイルクラブカードがお得になりますが、それ以外は、リクルートカードプラスがお得になります。

年間60万前後、もしくは110万前後の使用金額であれば、漢方スタイルクラブカードに軍配が上がります。前後と言うのは、プラスマイナス10万円ぐらいです。



総合判断では、リクルートカードプラス

私は、光熱費や家計のほとんどを1つのクレジットカードに集約していますので、かなりの額になります。

また、漢方スタイルクラブカードnanacoのチャージポイント還元率激減は、かなりの痛手です。nanacoは、セブンイレブンイトーヨーカ堂で使え、更に使用時には1%のポイントが付きます。 つまり、リクルートカードプラスでチャージした場合、nanacoでの支払いは、還元率3%になります。

リクルートカードプラスでのマイナス面は、ポイントの使い道です。 ポンタと連携しているので、ローソンで使えますが、それ以外は、じゃらんポンパレモールなど、あまりパッとしません。


幸い、私は書籍を結構購入するので、なんとかポイントを消化できそうです。

もし、年間50万使ったの場合は50万x2%-2160=7840円分のポイント、年間100万使った場合は100万x2%-2160=17840円分のポイントが手に入ります。

本が1冊1500円とすると、それぞれ5冊、11冊分を購入できることになります。

本をそんなに買うかどうか疑問ですが、使い切れない場合はローソンで消化するようにしたいと思います。


書籍は、ハピタス経由 → ポンパレモールの書店 → リクルートカードプラスで購入とすれば、8.8%引きで購入できることになります。そもそもたまったポイントで支払うので無料ですが。



結論

リクルートカードリクルートカードプラスの2枚持ち。

Edyチャージ用に、年会費無料のリクルートカードVisaを使用し、メインカードnanacoチャージ用として、リクルートカードプラスを使用する。






0 Comments: