ハピタス経由で、エクスペディア4.2% じゃらん2% 楽天1% DELL3%などなど、通常ポイントとダブルゲット! ここから登録で30ptプレゼント!

相手の気心を知ることが、良好なコミュニケーションを生む


気を使わなくてもいい友だち、家族、恋人など、周りには何人かいると思います。「ツーカーの仲」と言ったりもしますね。

気を使わなくてもいいというのは、付き合っていてとても居心地がいいですよね。しかし、それは自分だけの独りよがりになっているかもしれません。

相手と話していて気分が良いというのは自分だけで、もしかしたら、相手に気を使わせていて負担をかけているのかもしれません。

「最近付き合いが悪いな」と感じたら、気の使い方のバランスが偏っていないか、相手の気持ちをちゃんと考えているか確認してみましょう。



気を使わなくてもいい、気持ちよい思いができるのは、相手が自分の気持ちに合わせてくれているということなのです。

それは、相手だけでなく、こちら側も同じで、全く気を使ってないというわけではないのです。

気の知れた相手というのは、無意識にそれなりにお互いに気を使い合っている状態なのです。 過剰に干渉するのではなく、放任するのでもなく、うまくバランスをとった距離感で接しているのです。


相手がこうゆう状態の時は「こう思っているんだな」「こうゆう気分なんだな」ということがわかっていて、相手に対して自分がどう振る舞えばいいかわかっているということなのです。

逆に上手くいかない場合は、自分が良いと思ったことでも相手にとっては不快だったり余計なお世話だったりしたときです。



無意識に気を使えるということは、相手をよく知っているということです。

恋人や、仕事仲間などと、良好なコミュニケーションをとりたいのであれば、相手をよく観察し、相手をよく知ることが大切です。

「うまくコミュニケーションがとれてないな」と思ったときは、一歩引いて、相手の立場で、相手の気持ちを考えてみるとよいでしょう。


自分だけ気持ち良いというだけでは、良い関係とはいえません。自分だけでなく相手も気持ちよくさせてあげましょう。



気心知れた」ということですね。






0 Comments: