ハピタス経由で、エクスペディア4.2% じゃらん2% 楽天1% DELL3%などなど、通常ポイントとダブルゲット! ここから登録で30ptプレゼント!

インプラント手術のため、抜歯後1ヶ月目に、歯全体のパノラマCTを撮影


インプラントにするため、抜歯して1ケ月が経ちました。


抜歯後1ケ月

抜歯してから、1ケ月も経ったので、痛みは全く無く、結構雑に扱うようになりました。

抜歯したところの穴は、かなり埋まってきています。 歯医者に行き、確認してもらいましたが、特に問題なく順調とのことでした。

インプラントの治療代として既に組み込まれているようで、 今回の診療代はとられませんでした。



10日ほど後に、再度歯医者に行きました。

インプラントを埋め込むため、正確な位置を把握する必要があります。 そのため、歯全体パノラマのCTを撮影しました。

抜歯してくぼんでいたところは、薄っすらとができてきているようです。 まだ半生の状態だということで、もう少し様子を見ることにしました。


しかし、インプラントを埋めるちょうど真ん中のところは、結構骨が形成されているので、 この状態でもインプラントの手術は可能であるとのことでした。

私は、より完璧を目指したかったので、 1ケ月後、またCTをとって来年度に手術を行うことにしました。(この時11月でした)

インプラント代は、来年まとめて支払うため、確定申告は来年に持ち越しです。

今回、パノラマのCTを撮影しましたが、診療代は取られませんでした。 やはりインプラント治療の一貫なんですね。



さらに、1ケ月後

予定通り歯医者に行きました。 とうとう、来月インプラントの手術をすることに決定しました。

インプラント手術当日に、同意書にサインして持っていかなければなりません。 手術にあたっての、ありがちな怖いことが書いてありました。

ここは、歯医者さんを信じるしかありませんね。






0 Comments: