ハピタス経由で、エクスペディア4.2% じゃらん2% 楽天1% DELL3%などなど、通常ポイントとダブルゲット! ここから登録で30ptプレゼント!

放射線測定できるスマホ! PANTONE 5 107SH 箇条書きで機能をまとめてみた


放射線測定機能搭載スマートフォン
PANTONE 5 107SH シャープ製が、
ソフトバンクモバイルから発売。

しかも、コンパクトな筐体に、
防水、防塵、プラチナバンド、ワンセグ、おサイフケータイ、GPS、 Wi-Fi等
至れり尽くせりの最強のスマホに仕上がっています。

 

放射線測定機能プラチナバンド、その他の機能について、
それぞれ細かく箇条書きでまとめました。

 

 

放射線測定機能

  ・自宅や公園などの放射線測定が可能
  ・空間中のセシウム137から出るガンマ(γ)線を0.05μSV/hから9.99μSV/hの範囲で測定可能
  ・シリコン半導体方式を採用
  ・ディスプレイ下部にある専用キーを長押しで測定
  ・2分後に結果を表示する任意計測
  ・GPSで取得された位置情報をもとに測定履歴を地図上に表示
  ・バックグラウンドで、10分毎に計測する自動測定機能(常時測定)
  ・常時測定では位置情報の取得はせず、バッテリーの消耗を約6%増に抑える

  ・μSv/h=毎時マイクロシーベルト
  ・家庭において身のまわりの空間の放射線量(ガンマ線)を簡易的に把握するもの
  ・食料品や水に含まれる放射性物質の測定はできない
  ・累積放射線量測定のために常時測定可能
  ・測定値は常時測定中データから過去2分の線量を取り出し算出
  ・画面表示は10秒ごとに値を更新
  ・常時測定データは1時間ごとに履歴保存
  ・全品の測定能力を関連業界の標準規格に準拠する形で試験/校正した状態で出荷
  ・測定誤差は20%程度
  ・出荷後の校正サービスは用意していない
  ・10年程度は再校正しないで使える想定
  ・シリコン半導体方式を採用
  ・ガイガーミュラー計数管(GM管)方式や、シンチレータ方式ではない
  ・ガイガーカウンターではない

 

 

プラチナバンド

  ・700MHz~900MHzの周波数帯域を中心とする極超短波の帯域
  ・一度に伝送できる情報量が多い
  ・比較的小型の送受信設備で通信可能
  ・障害物は、ある程度まで迂回して伝わる
  ・建物でも、屋内に入りやすく大人数が使える
  ・電気通信の用途において特に良質で最適な周波数帯域
  ・価値の高い帯域(バンド)いう意味で、プラチナバンドと呼ばれる
  ・つながりやすい

 

 

その他の機能

  ・ラウンドフォルムのコンパクトボディ
  ・8色のカラーバリエーション
  ・外形寸法 約115×58×12mm
  ・バッテリー容量 1460mAh

  ・900MHz帯の周波数「プラチナバンド」
  ・3Gハイスピード 14Mbps

  ・CPU シングルコアQualcomm MSM8255/1.4GHzのScorpion
  ・OS Android 4.0
  ・外部メモリ microSDHC(最大32Gバイト)
  ・内蔵メモリ ROM 4GB、RAM 1GB

  ・3.7型液晶フルワイドVGA(854×480ドット)
  ・NewモバイルASV液晶(1677万色)
  ・カメラ メイン490万画素CMOS、サブ約30万画素CMOS

  ・Feel UX を採用
  ・Wi-Fi(IEEE 802.11 b/g/n)
  ・Bluetooth(Ver.3.0)
  ・ワンセグ
  ・おサイフケータイ
  ・赤外線通信(IrDA)
  ・GPS
  ・S!メール(MMS)
  ・DLNAのスマートファミリンク対応
  ・防水(IPX5/IPX7)
  ・防塵(IP5X)
  ・国際ローミングサービス「世界対応ケータイ」
  ・緊急速報メール

 

IPX5とは、

内径6.3mmの注水ノズルで、1分間に、約3mの距離から約12.5リットル水を
最低3分間注水する条件で、あらゆる方向から噴流を当てても、
電話機としての機能を保持する。

 

IPX7とは、

常温で水道水、かつ静水の水深1mのところに電話機を静かに沈め、
約30分間放置後、取り出したときに電話機としての機能を保持する。

 

IP5Xとは、

直径75μm以下のちりやほこりが入った装置に、電話機を8時間入れてかくはんさせ、
取り出したときに電話機の機能を保持し、かつ安全を維持する。

 

 

放射線測定機能搭載の「SoftBank PANTONE 5 107SH シャープ製」は、
2012年7月中旬以降発売です。

 

きっと、audocomo等からも放射線が測れる携帯がでますよね。

放射線を測定する方式は、
シリコン半導体方式よりも、シンチレータ方式のほうが良いのですが、
携帯に組み込むのは難しいようです。

放射線測定機能搭載のスマートホンは、それ自体安全なのだろうか?
と心配してしまうのは私だけかな。






0 Comments: