ハピタス経由で、エクスペディア4.2% じゃらん2% 楽天1% DELL3%などなど、通常ポイントとダブルゲット! ここから登録で30ptプレゼント!

PowerPointで年賀状を作成して、ふち無しできれいに印刷する方法


オフィス(Office)のパワーポイント(PowerPoint)で、
年賀状を作成して、フチ無し印刷をすると、
余白ができてしまいます。
原因は、PowerPointの用紙設定でハガキを選択すると、
通常のはがきサイズより、
若干小さいサイズに設定されてしまうからです。

パワーポイントで、下記の設定を確認してみてください。
  (1) 「デザイン」タブを選択
  (2) 「ページ設定」を選択
  (3) 「スライドのサイズ指定」のプルダウンから、
      「はがき 100×148mm」を選択
  (4) 幅:12.7cm、高さ:8.25cm となっている

実際の年賀はがきのサイズは、
幅:14.8cm、高さ:10cm ですので、
2cmほど小さめの設定になっています。

そこで、「スライドのサイズ指定」のプルダウンから、
ユーザー設定」を選択し、
横の場合は、幅:14.8cm、高さ:10cm とします。
縦の場合は、幅:10cm、高さ:14.8cm とします。

パワーポイントの印刷設定は、下記2点のチェックをします。
  Office2007の場合は、
    ・用紙サイズに合わせて印刷する
    ・高品質で印刷する(すべての影効果も印刷されます)
  Office2010の場合は、「フルページサイズのスライド」の中の
    ・用紙に合わせて拡大/縮小
    ・高品質

プリンター側の印刷設定は、メーカーやプリンターの種類によりますが、
インクジェット」を選んで、「ハガキ ふち無し」に設定します。
印刷品質は、「きれい」もしくは「写真」を選び、
試しに印刷してみて、きれいな方を選びます。
インクジェット用紙の「試し刷り用紙」もありますが、
実際のところは、本物のインクジェットはがきを使わないと確認できないですね。

私は、安い普通紙の「試し刷り用紙」を使って、
位置合わせや配置、色の出ぐあいを確認しています。
印刷してみると、位置が微妙にずれているので、原画の位置を直します。
ふち無しにすると、端が切れてしまったりするので、
オブジェクトの位置を内側に持っていったりして調整します。

子どもの写真などは、
色合いが、緑ががっている場合や、くすんでいる場合があるので、
使用している元の写真自体のRGBやガンマや明るさを調整します。
プリンターの調整を使ってもよいのですが、
プリンター設定をいじると逆に変になる場合が多く、
プリンター標準設定の方がきれいな場合が多いので、
プリンターの方の調整は、いじりません。
写真の色合い調整などは、フリーソフトの「IrfanView」が
簡単で軽くて使いやすいですよ。
背景が透ける透過GIFPNGなども作れます。
細かいところやキリ出しをしたければ、
フリーソフトの「GIMP」がいいですね。


参考:「年賀状 エクセルとワードで差し込み印刷 手順 毛筆フォント 連名 微調整」




0 Comments: