ハピタス経由で、エクスペディア4.2% じゃらん2% 楽天1% DELL3%などなど、通常ポイントとダブルゲット! ここから登録で30ptプレゼント!

DHCPがつながらないとき、コマンドで簡単に修復する方法


ノートPCを持って、会議室や別の階に移動すると、ネットワークがつながらなかったり、
逆に、別の場所でつながっていたのに、自分の席では、つながらなくなっている場合があります。

こんな時は、ネットワークの修復をすれば回復することがあるのですが、
結構面倒ですよね。

 

ということで、コマンドを2つほど実行して
簡単に修復する方法をご紹介します。

 

 

ノートPCは、持ち歩いての使用が前提なので、基本的には、固定IPにはせず、
DHCPによって、自動的にIPアドレスを割り当てていると思います。

DHCPによって割り当てられたIPアドレスは、リース期間があり、
いったん接続が切れて、再度接続する場合には、
以前に割り当てられていたIPアドレスを探して接続しようと試みます。

 

ということで、
いったん、IPアドレスを強制的に解放してから、
再度、割り当てをすることで、うまくゆきます。

開放のコマンドは、「ipconfig /release
再割り当てのコマンドは、「ipconfig /renew
になります。


以下のような、バッチファイルを作っておくと便利です。

 
ipconfig /release 
ipconfig /renew 





0 Comments: