ハピタス経由で、エクスペディア4.2% じゃらん2% 楽天1% DELL3%などなど、通常ポイントとダブルゲット! ここから登録で30ptプレゼント!

「Office IME 2010」を無料配布! 変換速度2倍以上、辞書はMicrosoft Update対応により常に最新。


マイクロソフトの日本語入力システム「Microsoft Office IME 2010」(MS-IME)が、既存Officeユーザーへ無償提供されました。
対象になるのは、Microsoft Office の正規ライセンス (Office XP、Office 2003、Office 2007、Office 2010) 保持者で、無料でダウンロードして使えます。

 

Office IME 2010 の特長

  • 文字変換速度が 2 倍以上に高速化された。
  • 学習機能など、変換精度が向上された。
  • 最新の辞書は、Microsoft Update を通じて配布され、常に最新に保たれる。
  • XML ベースのオープン拡張辞書を、自由に作成して配布できる。
  • 入力中の文字列を使ってインターネット検索や翻訳ができる。
  • Windows XP、Windows Server 2003、Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7 に対応。

郵便番号辞書は、数字の郵便番号を変換すると住所が表示されて、とても便利な辞書です。
今までは、郵便番号辞書が古くて、自分でアップデートしていましたが、変換辞書は Microsoft Update を通じて配布されて常に最新に保たれるようになり、手間が省けてとてもいいですね。

文字変換速度が2倍以上になったという事ですが、実際に使ってみたのですが、速さの違いはよく分かりませんね。学習機能、変換精度向上については、期待したいですね。


Microsoft Office IME 2010」は、「Google 日本語入力」も意識していると思います。お互いに高めあうのはいいことですね。

マイクロソフトの紹介ページは、「Microsoft Office IME 2010 の特徴」をご参照ください。
また、ダウンロードは、「Microsoft Office IME 2010 ダウンロード」からできます。






0 Comments: